I don’t do fashion. I am fashion.

fashion/make/travel/movie/training

携帯捜索にっき

f:id:hannarlog:20191217085124j:image

 

 

命の次の次の次の次の次くらいに大切な(そーでもないんだけど)スマホを落としてしまいました。

結果から言うと無事見つかったのだけれど、今後の教訓として残しておく!

 

 

まず落とした経緯ですが、

12月14日いつもと同じように電車を待つために待合室で時間を潰す。

待合室で携帯を見て時間を確認する

電車が到着するというアナウンスが入ったので、待合室から出て電車を待つ

電車に乗って読書をしてうとうとする

時間を確認しようとして携帯を探すもどこにもない…!

 

というような流れで、携帯を無くしたことが発覚。何度もバッグ、コートのポケットを探しましたが見つからない…電車を途中下車する事も考えましたが携帯がないので時間がわからなければ会社に電話することも出来ない。とりあえず1度出勤することに。出勤して事情を話して有給で半休を取りまた電車で来た道を帰りました。(笑)

 

 

が!ない!!!!待合室を探してもどこにもない。さらに悲しいことにその時間は駅員さんが不在だったので聞くことも出来ない…時間を潰して駅員さんに尋ねるも「携帯の落し物は預かっていない」とのこと、、とりあえずそのあと最寄りの警察署に行くことにしました。

 

 

警察で遺失物の届出を出すべく手続きをすることに。「最近悪用される事件があるから、携帯の利用を止めてね、どこの会社の使ってる?」と言われ、LINEモバイルと答えたのですがイマイチわからない様子で…そりゃそうだよね、私もなんとか契約したんだもの、、

👮🏻「その携帯はどこで買ったの?」

私「買ったのはauです。」

👮🏻「じゃあ、auに電話して回線を止めないとね。」

私「買ったのはauなんですが、LINEモバイルを使ってます」

👮🏻「でも買ったのはauなんでしょ?」

私「そうです。」

👮🏻「じゃあauのコールセンターの番号調べるね!」

私「なんか違う気がする…」

という感じで。(笑)まず格安スマホの説明が難しかったです、、なんと言えば良かったんだ…

 

ただ、以前当て逃げされた時に別な警察署で対応してくれた方があまり態度が宜しくなくて。(笑)そのイメージが強かったので、今回携帯をなくした私に問い合わせ先だったりコールセンターの番号だったり調べてくれて凄く嬉しかったです。もしかしたらそういうマニュアルだったのかもしれないけれど、悪いことがあって凹んでる時ってそんな優しさが嬉しいしありがたいなあと身にしみました。

 

ちょっぴりほっこりして、手続きを終えて一旦自宅に帰ることに。妹が居たので事情を説明して電話を借りてなんとか回線を止めることに成功。LINEモバイルってコールセンターが激混みなので5分、10分繋がらないこともざらなんですよね。安いから文句言えないけども。(笑)

そのあいだ妹はiPhoneを探すアプリで検索。が、見つからず、、

一体どこにあるんだ…

 

 

とりあえず職場に戻る前に職場の最寄り駅に行って話をして落し物はないか確認。やはり無い。ここまで、焦ってはいたけどいや見つかるでしょと内心どっかで思っていたのでなんとなく更に焦ってくる。機種代まだ残ってるんだよなあ…

 

会社に戻るも仕事が手につかず、「携帯 見つかる 可能性」「iPhone 探す 使えない」などなど検索したりして。(笑)日本は落し物をしても帰ってくる国だから…なんて思いつつも悪用されたらどうしようとか、何よりも写真がなくなってしまうのが悲しい。考えすぎて具合も悪い。(笑)別な部署の子に「熱あります?具合悪そうですね…」と心配される始末、、

会社の常務だったり同僚、上司が心配してくれて電話を掛けたり色んなアドバイスをくれてほんとにありがたかった。悲しいけど。、

 

 

なんとか仕事を終えて、帰りにまた駅によって聞いてみることにしました。「ここの駅にはありません」と言い放たれ軽く絶望、、でもほかの駅には届いているかも、と思いなんとか話をして落とした駅の落し物の記録を検索してもらいました。「携帯何色?特徴は?」と聞かれて応えるとなんとなんと!!!!!

 

届いてた\(^o^)/

 

ほんとによかった…諦めてSIMフリー iPhone7 赤 って検索して5万円とか出てきて青ざめてたけども!!よかった、、赤いiPhoneが気に入ってたからほんとによかった、、

 

 

その日はもう届け先の駅が駅員不在になってたので次の日無事に引き取ってきました。あ〜よかった!

 

 

今回携帯を落として思ったことは「iPhoneを探すアプリ」の設定はちゃんとしておくべき。ということ。当たり前だけど。私の周りだとあんまり利用してる人がいなかったけど何が起こるか分からないしね。ちなみに帰宅して設定してみたところ、アプリの設定が前のiPhoneになってた。(こんな事ってある?)だからアプリでは見つからなかったのかぁ。なるほど。電源が切れるまでが勝負だと思うのでなくしたら、まず先に探すアプリを試すのがいいかも!電源が切れてもWiFiに繋がってれば出来る?そうですが、なかなか稀なので。まず先に検索!

 

あとは自分が利用してるキャリアで、紛失した時どんな対応をしてくれるかということ。大手だと補償サービスがあったりするけど、格安スマホだとなかったりします。LINEモバイルは確かなかったと思うので、なくした時何をしたらいいか、どこに問い合わせたらいいかも頭に入れておくといいかも。とりあえず問い合わせたらいっかとおもっていたけど、LINEモバイルはネット上でログインしてからじゃないと利用者専用のコールセンターの電話番号って出ないんですよね。ログインIDとかパスワードとかスクショしていたので、落とした時はなんの意味もないです。(笑)なので頭に入れておくか、書類かなんかに書いておくこと。

回線を止めてしまうと探すアプリも使えなくなるので、

 

それから個人的に思ったのはTwitterとかインスタとか何かしらのSNSのアカウント情報を覚えておくこと。携帯が手元になくて、彼氏や友人に連絡が取れなくなるし、会う予定が入ってたりすると大変なので会社のパソコンでTwitterとインスタにログインしました。友人を通して彼氏あてに携帯を落としたことを伝えてもらい一安心。最低限の連絡をしておくと心配をかけることも無いので緊急事態にはSNSを利用するといいと思います。

 

 

さてさて、こんな感じでした。

回線を止めてから利用再開する際に、電話する暇がなかったのでメールからの問い合わせで再開させました。その日の夜9時に依頼して、次の日の13時に回線戻ったので急ぎの場合は根気よくコールセンターに電話した方がいいです。

 

 

今回のでほんとに大変だったし気持ちもだいぶ持ってかれたので(笑)もう二度と落とさないようにしたい、、