I don’t do fashion. I am fashion.

fashion/make/travel/movie/training

映画記録【マリッジストーリー】

 

 

Netflixの民なのでマリッジストーリーを見てみた。というのも彼とちょっとした行き違いになってしまい、今みるべきなのでは?となんとなく思った。明るいストーリーでもないだろうと思い、気持ちがモヤモヤしているときに見るのはどうかと思ったけど、直感を信じて見てみた。

f:id:hannarlog:20200116134255j:image

見終わるとこのポスターの意味が分かる。離婚をテーマにしたストーリーだけど、なんだか心が温かくなる映画だった。新年早々素晴らしい映画に出会ってしまったよ。

 

 

ネタバレを含みますので、まだ見てない方は飛ばしてくださいな。

 

 

 

【ストーリー】

女優のニコール(スカーレット・ヨハンソン)と監督兼脚本家のチャーリー(アダム・ドライヴァー)は、かわいい息子がいる仲のいい家庭を築いていたが、夫婦の関係は少しずつ悪化していき、離婚を決める。円満な協議離婚を望んでいたが、ため込んできた相手への怒りを爆発させ、負けず嫌いの二人は離婚弁護士を雇って争う。

 

冒頭のシーンで、お互いの好きなところ・いい所を上げていくシーンがあるのだけれど、冒頭から胸にぐっと来るものがあった。

f:id:hannarlog:20200116134845j:image

自分にはないものを相手が持っているって素敵だよね。素直に尊敬出来る。お互いを思いあっていたんだなあと冒頭から胸がぎゅっとなった。どんなに好きで、相手のいい所をたくさん知っていてもどうにもならないこともあるよなぁ。

 

 

f:id:hannarlog:20200116135208j:image

お互いを大事に思いあって、尊重し合うと自分の思いとか考えも自然とセーブしながら生活していくことになる。大事に思えば思ってこそだよね。離婚がテーマなのに、ドロドロせずにむしろ爽やかさが感じられるのはそういう所だと思う。不倫とか(チャーリーは一度してしまったけど、、)DVとか原因ないからだと思うし、でもそれが妙にリアルだった。

代理人が相手を罵りあうシーンも何も生まれない虚しさとかとても伝わってきた。途中2人が感情をむき出しにして、言い合うシーンがあるのだけれどどうにもならなくて、どうしてこんな風になってしまったのかやり場がない気持ちが溢れていてすごく苦しかった。お互いを思って、お互いのためにしてきたことだけどいつの間にか自分本位になってしまうことあるよね。ニコールがチャーリーの髪を切ってあげるあのシーンが1番愛が詰まっていた。お互いのことはお互いが1番わかっているのに別れることになってしまったやるせなさにグッときた。

 

 

お互い弁護士を挟み結果的にふたりは離婚してしまう。冒頭でお互いのいい所を上げていくシーンで、そのシーンって実はお互いにいい所を読み合うっていうものだったんですね。だけど、ニコールは読みたくなくて。ラストでチャーリーと息子が見つけて、声に出して読んでいくのですがそのシーンがもう素晴らしくて。

愛する息子との時間を交互に過ごすけれど、やっぱりそこにはお互いを思い合う気持ちはまだあって。一番最後に息子をだき抱えるチャーリーの靴紐が解けているのにすぐ気づいたニコールは結び治してあげるのだけれど、このシーンに全てが詰まっているのだと思う。劇団が成功して、裕福になって何不自由なく暮らすよりも自分のことを分かってくれる人がどんな形であれそばに居てくれることが一番大切だと思う。結婚って色んな人を巻き込んで、支えて貰うことなのだと改めて結婚の重さも実感した。

 

 

彼と行き違いになってしまって、心がささくれ立っていたけれど一番大事なことはお互いがいて1番の味方であることなのだと思った。何気なく過ごしていると忘れがちだけど、私が仕事で苦労している時1番に応援してくれて1番の味方でいてくれたのも彼だった。当たり前になりつつあるけど、そういうあたりまえこそ幸せだよなぁと思った。結婚も離婚も経験はないけれど誰かといる上で1番の愛って思いやることなのかもしれないね。離婚がテーマだけど心が暖まる映画でした。素敵な映画なので見てない方は是非。